「比表面積」の版間の差分

m
+interlang, sty
(新規)
 
m (+interlang, sty)
[[触媒]]などの、表面の活性が重要となるものにおいては表面の多さがその活性と直結する。そして[[質量]]や[[体積]]はその物体を購入するコスト、あるいはその物体が占める空間に関連している。このため比表面積は大きいほうが触媒としての機能がよい。しかし、比表面積が大きいことはその物体が系内で不安定であることも意味し、どういった状態を意図するかによってこの指標に対する評価は変わる。
 
== 概要 ==
ある物体の体積を<math>V</math>、密度を<math>\rho</math>、表面積を<math>S</math>とすると、比表面積<math>S_v</math>は、
 
傾向として、同じ形状の物体であれば、サイズが小さいほど比表面積は増す。
 
== 例 : 球体の比表面積 ==
球体の体積は、直径を<math>D</math>として、
 
{{DEFAULTSORT:ひひようめんせき}}
[[Category:化学]]
 
[[de:Innere Oberfläche]]
[[en:Specific surface area]]
[[fr:Surface spécifique]]
[[nl:Specifiek oppervlak]]
[[oc:Surfàcia especifica]]