「曹州教案」の版間の差分

sort.
m (Bot: テンプレートの差替え (WP:BOTREQ))
(sort.)
 
11月6日に[[ドイツ帝国]]は事件を口実に山東省に出兵し、[[膠州湾租借地|膠州湾]]を占領した。外交折衝が行われたが、交渉中に山東巡撫[[李秉衡]]は解任された。[[1898年]]に清朝は過失を認め、ドイツは22万両の賠償金を獲得し、[[済寧]]など3ヶ所に教会を建設させた。さらに独清条約が結ばれ、ドイツは99年の期限で膠州湾を租借し、鉄道建設権と鉱山の採掘権を得た。
 
[[Category:清朝|そうしゆうきようあん]]
[[Category:中国のキリスト教|そうしゆうきようあん]]
 
{{Chinese-history-stub}}
[[Category{{DEFAULTSORT:清朝|そうしゆうきようあん]]}}
[[Category:清朝]]
[[Category:中国のキリスト教|そうしゆうきようあん]]
 
[[zh:曹州教案]]