「ファミリーナンバー」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
ブルース・ロウが創出した競走族や種牡馬族といった概念は、現在ではほとんど重要視されない(競走族の2号族からノーザンダンサーなどの大種牡馬が出現したり、2号族(競走族)と8号族(種牡馬族)の[[ミトコンドリアDNA]](mtDNA)が同じだったりする)。また、彼の分類によれば、ファミリーナンバーの少ないほど優れた競走能力を示すサラブレッドが多く、43号族が最も劣ることになるが、理論の発表から100年以上もたった現在ではファミリーナンバーの少なさと競走能力の相関関係はほとんど重要視されない(現在では勢力順位の入れ替わりも見られる)。
 
一方で[[細胞質]]は母から子へのみ伝わることが明らかになると、「持久力の原動力は[[ミトコンドリア]]をはじめとする細胞質である」として、ファミリーを重要視する者もいる。mtDNA上には[[アデノシン三リン酸|ATP]]合成に関わる13個の[[タンパク質]]がコードされており、これらのハプロタイプと距離適や競走能力に関係を見出す研究もある(ただし、最大で20%の馬が系図上のものとは異なるmtDNA(のDループ)[[ハプロタイプ]]を示すなど、牝系そのものの信憑性には疑問がある。例えば9号族はGSB編纂時から致命的に間違っていたことが明らかになっている)。
 
いずれにせよ、ファミリーナンバーはサラブレッドを整理分類する上で非常に便利なため、広く普及している。
匿名利用者