「今鏡」の版間の差分

ソートキー
m
(ソートキー)
 
== 題名 ==
 
今鏡は「続世継」(しょくよつぎ)とも「小鏡」(こかがみ)とも呼ばれる。「続世継」は、大鏡の続きであるという意味で、「小鏡」とは、現在の歴史という意味である。「つくも髪の物語」ともいう。
 
== 内容 ==
 
大鏡の後を受けて[[後一条天皇]]の[[万寿]]2年(1025年)から[[高倉天皇]]のまでの13代146年間の歴史を[[紀伝体]]で描いている。[[長谷寺]]参りの途中で[[大宅世継]]の孫である、150歳を超えた老婆から聞いた話を記したという形式。
 
== 構成 ==
 
はじめの三巻は帝紀、中の五巻は列伝、終わりの二巻は貴族社会の故実・逸話に割かれる。列伝のうち、巻四~六は[[摂関家|藤原摂関家]]、巻七は[[村上源氏]]、巻八は[[親王]]である。
 
== 評価 ==
 
王朝末期から[[中世]]への過渡期において政治的・社会的大きな変動があったにもかかわらず、政治への関心は薄く、儀式典礼や風流韻事など学問・芸能に重点を置く記述を貫いている。
 
*[[増鏡]]
*[[弥世継]]
[[en:Imakagami]]
 
{{四鏡}}
[[Category:日本の文学作品|いまかかみ]]
[[Category{{DEFAULTSORT:平安時代の文化|いまかかみ]]}}
[[Category:日本の文学作品|いまかかみ]]
[[Category:平安時代の文化]]
{{lit-stub}}
 
{{四鏡}}
[[en:Imakagami]]
匿名利用者