「日本電産コパル」の版間の差分

もちろん、現在は従来の[[銀塩カメラ|フィルムカメラ]]用シャッターだけでなく、[[デジタルカメラ]]用シャッターも生産している。また、デジタルカメラの筐体金型、光学部品も設計、生産し、電気メーカーに供給している。
 
シャッターと平行して、8mm[[映写機]]、[[ミニラボ(小規模[[DPE]]、[[置時計]](いわゆる「パタパタ時計」)、電子部品([[トリマ]]、[[スイッチ]]、[[圧力センサ]]など)などの製造にも進出。電子部品は営業部門をコパル電子(現在の[[日本電産コパル電子]])として独立させるほど成功したが、他の主な製品からは撤退した。
 
[[富士通]]と資本提携したことにより、一時期は[[磁気ディスク]]製品も生産していたが、これも撤退した。
匿名利用者