「島津貴儔」の版間の差分

編集の要約なし
'''島津 貴儔'''(しまづ たかとも)は[[薩摩藩]]士。家格は初め一所持、のち一門家。垂水島津家9代目当主。薩摩藩主[[島津吉貴]]3男。薩摩藩主[[島津継豊]]同母弟。正室は垂水島津家当主・島津忠直([[島津綱貴]]三男)の次女・鎌鶴。幼名は小源太。通称は玄蕃、備中、備前。号は静山。娘に[[島津都美]]。薩摩藩主[[島津重豪]]と[[佐土原藩]]藩主[[島津忠持]]の外祖父。また、11代[[将軍]]・[[徳川家斉]]の[[御台所]]・[[広大院|茂姫(近衛寔子)]]の曽祖父。
 
[[元文]]2年([[1737年]])7月18日に父より「貴」の字を与えられて「貴儔」と改め、同3年([[1738年]])5月、婿で加治木島津家の島津久門(後の[[島津重年]])とともに家格一所持から新設された家格の一門家の初めとなる。
 
兄弟;島津継豊、島津貴澄(異母弟、後に貴儔養子、垂水島津家10代目当主)
 
正室・正室・鎌鶴(垂水島津家当主・島津忠直(島津綱貴三男)の次女)
 
 
匿名利用者