「町村敬貴」の版間の差分

編集の要約なし
* [[1916年]](大正5年)帰国
* [[1917年]](大正6年)北海道石狩町樽川にて[[まちむら農場 |町村農場]]を創業
* [[1928年]](昭和3年)に北海道江別町対雁に移転。<ref>『町村敬貴伝』300頁</ref>
 
* その後、乳牛の改良に[[血統]]の及ぼす影響の大なることを痛感し、[[アメリカ合衆国|米国]]のそれをつぶさに調査し、私財をもって数次にわたり米国より基礎種牛を購入し、その改良繁殖につとめた<ref>『町村金五伝』 452頁</ref>。
* [[1947年]](昭和22年)参議院議員に当選。[[緑風会]]に所属し、1期務める
* [[1950年]](昭和25年)吉田内閣農政懇談会に学識経験者委員として参加
* [[1952年]](昭和27年)政府の嘱託として欧米各国の泥炭地改良事業及び土地利用状況視察のため出張
* [[1962年]](昭和37年)日本酪農の確立、ホルスタイン種の導入普及など農業界への功績により藍綬褒章を賜る
* [[1963年]](昭和38年)第二回全国農業祭畜産部門天皇杯受賞
* [[1967年]](昭和42年)志津夫人逝去
* [[1968年]](昭和43年)オーストラリア、ニュージーランドに於ける酪農事情を視察
* [[1969年]](昭和44年)逝去 享年87歳。<ref>『町村敬貴伝』300-302頁</ref>。
 
== エピソード ==
* ラスト牧場
* 敬貴が渡米したのは明治39年4月。横浜港から家族に見送られて旅立った。それから十年間、敬貴はその立志を達成すべく帰国しなかった。
渡米から1年間はシアトル周辺で農家の手伝い、製薬工場のタンク掃除、赤帽などの数々のアルバイトをした。
*敬貴がアメリカに渡った翌年の明治40年春、[[宇都宮仙太郎]]がアメリカに牛を買いに来て、父金弥からの依頼で、北海道と自然風物がよく似ているウイスコンシン州・ウエストアリスのラスト牧場で牧夫として働けるよう手配をした。
*敬貴の日記によると、
* 4月27日 本日宇都宮氏、吉田氏に面会す。
* 4月30日 佐治君の家を引き上げ、シアトルに行き、色々とEast行きの用意をなす。
* 5月4日  本日午後9時半の汽車に投じて出発す。
* 5月7日  午後5時St.Poulに着、8時35分C,Mor,St,P.R.Yの汽車に投ず。
* 5月8日  本朝6時半、ミルウォーキーに着す。而して近きホテルに投ず、中々疲れたり。
* 5月9日 本朝ホテルボーイに聞き、12時15分の汽車にてWest Allisに行く。先ず葉書を案内として、初め着せるはRustのBrother Houseにて、之より昼食を喫し、ボギーにて一マイルばかり、目的の家に着す。此の日は、色々と労働着などを用意す。
*
*
*
*
*
 
 
== 家族・親族 ==
*妻 *志津(福井県 渡辺仙太郎長女、[[酢]][[醸造]]業[[山本怡仙]]の[[玄孫]])
*長男 善啓
*次男 [[町村泰男|泰男]](実業家)
104

回編集