「アスペクト比」の版間の差分

編集の要約なし
(ピクセルアスペクト比の間違い修正)
** [[テレビ|従来型のテレビ]] (SDTV) の画面は4:3(1.33:1)。パソコンの[[画面解像度]]の比率で、[[VGA|640×480]]・[[XGA|1024×768]]がこの条件を満たす代表例である。
** [[高精細度テレビジョン放送|ハイビジョン]] (HDTV) は16:9(1.78:1)。主にフルハイビジョンテレビもしくはフルハイデフィニッションテレビの[[画面解像度]]での1920×1080が16:9の条件を満たす。
** 現代のコンピュータのワイド液晶の多くは16:10(1.6:1)。[[画面解像度]]の例としては、19"の1440×900(WXGA+)、22"の1680×1050(WSXGA+)、24"の1920×1200(WUXGA)等。フルハイビジョンテレビもしくはフルハイデフィニッションテレビの[[画面解像度]]の1920×1080を完全に表示するには1920×1200(WUXGA)が必要。
** [[額縁放送]]、[[レターボックス (映像技術)|レターボックス]]は、媒体のSARとコンテンツのSARが異なるときに起こる。
** [[映画]]のスクリーンは、1.37:1(スタンダード)、1.85:1([[ビスタビジョン|ビスタ]])、2.35:1([[シネマスコープ]])など。