「日局クレオソート」の版間の差分

日局呼称の経緯と成分を詳述+
(日局呼称の経緯と成分を詳述+)
'''日局クレオソート'''(にっきょくクレオソート)は、木材の構成成分が熱分解されて生成した[[フェノール類]][[化合物]]を主成分とする[[混合物|化学混合物]]。
'''日局木クレオソート'''は、 [[ブナ]]などを[[乾留]]させる際に[[水蒸気]]とともに留出する油層(木タール)を蒸留して得られる、淡黄色透明で[[燻製]]のような臭いのある油状の液体。[[日本薬局方]]に収載されていることから、石炭由来の[[クレオソート油]]と区別するために「日局」をつけて呼ばれる。第十五改正[[日本薬局方]]第一追補より'''木クレオソート'''が正式名称で、クレオソートが別名となった。
 
'''日局木クレオソート'''は、 [[ブナ]]などを[[乾留]]させる(通常では[[木炭]]を作る)際に[[水蒸気]]とともに留出する油層(木タール)から、沈殿部分を除いた、いわゆる[[木酢液]]を蒸留して得られる、淡黄色透明で[[燻製]]のような臭いのある油状の液体。古くからクレオソートとして知られ、[[日本薬局方]]の初版から収載されていることからたが第十五改正<ref>[http://jpdb.nihs.go.jp/jp15/YAKKYOKUHOU15.pdf 平成18年3月31日付け 厚生労働省告示第285号]</ref>において、製法・成分の異なる石炭由来の[[クレオソート油]]<ref>[[多環芳香族炭化水素]]である[[ベンツピレン]]などの[[発癌性]]物質を含有する。</ref>と区別するされたため「日局」をつけて呼ばれる。第十五改正[[日本薬局方]]第一追補<ref>平成19年9月28日付け 厚生労働省告示第316号</ref>より'''木クレオソート'''(もく-)を正式名称とし、クレオソート別名となった。
[[多環芳香族炭化水素]]は含有せず、木材の構成成分が熱分解されて生成したフェノール系化合物を含有する。[[正露丸]]の主薬として用いられている。
 
化学混合物としてのクレオソート自体と主成分中最多の化合物であるグアヤコールは医薬品服用量において[[劇薬]]指定されており、消毒薬として広く用いられたフェノール、クレゾールとグアヤコールは皮膚に障害を与える毒性が知られている。その他のフェノール類成分も人体に対する強い毒性を有するものが多い。
 
[[止瀉薬]]である[[正露丸]]の主薬として用いられている。
 
== 主成分 ==
*[[グアイアコール]](グアヤコール)
*[[クレオソール]](cre'''o'''sol、4-メチルグアヤコール)
*[[フェノール]]
*p-[[クレゾール]](cresol) 、4-エチルグアヤコール、o-クレゾール
 
正露丸を製造する[[大幸薬品]]が分析し1989年に発表した論文「ブナ木クレオソートの[[ガスクロマトグラフィー]]・[[質量分析法]]および高速液体クロマトグラフィー法による分析」によれば、木クレオソートは22化合物からなり、そのうち19成分がフェノール類の化合物で、上記6成分で80%を占める<ref>[http://www.seirogan.co.jp/medical/creosote/what.html 木クレオソートとは] - 大幸薬品株式会社</ref>。
 
== 脚注 ==
<references />
 
== 参考文献 ==
592

回編集