「ニコール・キッドマン」の版間の差分

→‎キャリア: 内部リンク過多
(→‎キャリア: 内部リンク過多)
15歳からテレビやミュージック・ビデオなどに出演、映画にも出るようになり、[[オーストラリア映画]]で実績を積む。1988年に出演した『デッド・カーム/戦慄の航海』を見た[[トム・クルーズ]]に招かれて[[ハリウッド]]入りし、『デイズ・オブ・サンダー』で共演、1990年に彼と結婚した。
 
ハリウッドデビュー当時は、当時の夫でありキッドマンをハリウッドデビューに導いた[[トム・クルーズ]]夫人としての側面が強く、いわゆる型どおりの美人女優として平凡なキャリアに甘んじた。
 
しかし2001年、トム・クルーズとの離婚を機に、まるで水を得た魚のように充実したキャリアを開花させ、以降、ハリウッドを代表する演技派女優として鮮やかな変身を遂げた。
2,580

回編集