「ATPアーゼ」の版間の差分

リンク調整。ドメインとか。
(リンク調整。ドメインとか。)
この時に発生するエネルギーを利用して、エネルギーを要する生物体内作用に寄与している。通常は ATP 以外の[[ヌクレオチド]]三リン酸(GTP、UTP、CTPなど)に作用することが知られている。しかしながら存在している部位によって少しずつ性状が異なっている。
 
ATPに共通する特性として、[[チオール|スルフヒドリル基]](SH基)を必要とすることと、Mg<sup>2+</sup>, Ca<sup>2+</sup> によって活性化あるいは阻害を受けるという点が挙げられる。
 
==役割==
 
===ABC ATPアーゼ===
ABC とは '''A'''TP '''B'''inding '''C'''assette (ATP結合カセット)の略称である。細胞への物質取り込みおよび排出に関係する。膜貫通型の ABC ATPアーゼは、常に4つの機能[[タンパク質ドメイン|ドメイン]](2つの膜貫通ドメインと2つのABCドメイン)から構成される。これらのドメインは全てが一つの遺伝子にコードされている場合もあれば、それぞれ別々の遺伝子にコードされている場合もある。膜貫通ドメインの配列は多様であるが、ABCドメインと呼ばれるATP結合部位の配列は高度に保存されている。[[真核生物]](主に[[ヒト]])では有害物質の排出に使用されているが、一方[[原核生物]]では[[糖]]、[[アミノ酸]]と言った物質の取り込みに用いられている。また、ヒトの中でも[[トランスポーター]]、[[チャネル]]、[[受容体|レセプター]]等、その機能は多彩である。
 
これら生体膜貫通型の古典的なABC ATPアーゼに加え、最近ではDNA結合型の ABC ATPアーゼが知られるようになってきている。代表的なものとして、染色体の高次構造と機能を制御する[[SMCタンパク質]]があり、これらは[[コンデンシン]]あるいは[[コヒーシン]]のコアサブユニットとして機能する。また、DNA2重鎖切断の修復に関与する Rad50 もこのカテゴリーに属する。
*チャネル型ABCタンパク質 – イオンの[[促進拡散]]
*レセプター型ABCタンパク質 – ATP、ADP濃度感受および[[シグナル伝達]]
*DNA結合型ABCタンパク質([[SMCタンパク質]]) –)– [[染色体]]の凝縮、結合、修復等
 
===AAA ATPアーゼ===
*[[膜タンパク質]]
 
[[Category{{DEFAULTSORT:酵素|ATPあせ]]}}
[[Category:生化学|ATPあせ酵素]]
[[Category:分子|ATPあせ]]
[[Category:細胞分子生物学|ATPあせ]]
[[Category:細胞生物学]]
 
[[de:ATPasen]]
24,969

回編集