「相 (言語学)」の版間の差分

*雨が降る・雨が降った(完結相)
 
というように、[[助動詞 (言語学)|助動詞]]「いる」があると出来事の一部を取り出す非完結相を表し、「いる」が無いと出来事を全体としてとらえる完結相を表す。なお、「る」と「た」は[[時制]]を表す。
 
また、「雨が降っている」は、出来事が継続していることを表しているが(進行相)、「椅子に座っている」のように、「いる」が瞬間的に変化する動詞につけられた場合、変化の結果が持続していることを表している(結果相)。さらに「雨が降り始めた」(起動相)、「雨が降り止んだ」(終結相)というように複合動詞を用いることでさまざまな相を表す。
 
なお、共通語では例えば同じ「買っている」でも、「彼は今帽子を買っている」「彼は昨日この店で帽子を買っている」のように進行相・完了相の両方に用いられる。しかし中国・四国地方を中心とする西日本の[[方言]]には、前者の進行相を「買いよる」、後者の完了相を「買うとる(買うちょる」(つまりテの有無)などと明確に区別する特徴がある。
 
== 日本手話 ==
匿名利用者