「安威川」の版間の差分

亀岡市の源流から南下して、すぐに茨木市に入り、茨木市を北から南に縦断する。茨木市内には、川の名前の元になった安威(藍)という地名がある。
 
茨木市の南、摂津市に入る頃、安威川の流れは、南西向きに変わる。摂津市内からは南側に番田井路が平行して流れる。元々はこちらの番田井路が安威川の本流であって、現在の安威川の流れの方が支流だった。元々の本流であった番田井路には、神崎川からの逆流を防止する番田堰が現在も設置されている。安威川本流は、吹田市南端と大阪市東淀川区の間を縫うように南西むきに進み、淀川から分流してくる神崎川に合流する。合流地点では、川の大きさ、流れの量から安威川に神崎川が流れ込んでいるように見える。
 
*京都府
928

回編集