「ReiserFS」の版間の差分

m
ディストリビューションに関する部分を整理
(ReiserFS からハンス・ライザーへ個人に関する情報を移動)
m (ディストリビューションに関する部分を整理)
introduction_date = [[2001年]] |
partition_id = Apple_UNIX_SVR2 ([[w:en:Apple Partition Map|Apple Partition Map]])<br /> 0x83 ([[マスターブートレコード|MBR]])<br /> EBD0A0A2-B9E5-4433-87C0-<br />68B6B72699C7 ([[GUIDパーティションテーブル|GPT]])|
directory_struct = [[B木|B+ tree]] |
file_struct = [[bit array|Bitmap]] [http://namesys.com/X0reiserfs.html#nodelayout]|
bad_blocks_struct = |
OS = GNU/Linux
}}
'''ReiserFS'''(ライザーエフエス)は、[[Linux]]における初期の[[ジャーナリングファイルシステム]]の実装の一つ。Linux [[カーネル|kernel]] 2.4.1から標準搭載となった。1996年から[[ハンス・ライザー]](Hans Reiser)率いる開発チームにより開発されている。Linuxカーネルのソースコードに取り込まれたはじめてのジャーナリングファイルシステムである。
 
[[SUSE|SUSE LINUX]]、[[Slackware]]などのデフォルトの[[ファイルシステム]]である。
しかし、2006年10月23日にNovellがReiserFSから[[ext3]]に乗り換えを発表し、次期バージョンのSUSEで、デフォルトのファイルシステムがext3に変更される。
 
==主な特徴==
*最大8TiBのファイルをサポートする。
*ext2/ext3よりもパフォーマンスに優れるとされており、特にサイズの小さいファイルを多数処理する際に優れている。
 
== ディストリビューション ==
いくつかのLinuxディストリビューションにおいて、デフォルトのファイルシステムとなっている。多くのディストリビューションで、インストール時にファイルシステムとして選択できる。デフォルトとして採用されている物の一覧は[[:en:Comparison of Linux distributions#Technical]]を参照。
 
==外部リンク==
 
[http://www.namesys.com/ ReiserFS]
 
1,600

回編集