「プロジェクトA」の版間の差分

一芸人のパロディネタを一々書く必要はない。
(一芸人のパロディネタを一々書く必要はない。)
*『[[プロジェクトA子]]』というフェアリーダスト制作の劇場用アニメ映画が存在する。発売時のビデオパッケージはリバーシブルで、裏面は中国語を配した香港映画風のパッケージになっていた。
*[[2007年]]、[[藤商事]]よりパチンコ機「CRプロジェクトA」が発売された。劇中の映像が使用されており、ジャッキーの声は石丸博也氏の新録音である。
*日本のお笑い芸人[[陣内智則]]は2005年12月31日開催の「輝け!ネタのグランプリ」で優勝し賞金1000万円を獲得した時に使ったネタである『ビデオレター』の最後のシーンにプロジェクトAをパロった映像(陣内が広東語を話したり、ジャッキーの衣装で自転車を乗り、椅子を飛び越えるシーン)があり、プロジェクトAの曲が流れていた。
 
==関連項目==
2,580

回編集