「多田野数人」の版間の差分

→‎日本プロ野球時代: シーズン中の記述除去。
(→‎日本プロ野球時代: シーズン中の記述除去。)
[[2007年]]のオフシーズンに[[広島東洋カープ]]や[[北海道日本ハムファイターズ]]が獲得に動いているという報道がなされたが、最終的には[[11月19日]]、[[2007年度新人選手選択会議 (プロ野球)|大学・社会人ドラフト]]にて、日本ハムから、[[大場翔太]]と[[服部泰卓]]の「外れの外れ」ながら1巡目指名を受けた。契約金6000万円、新人としては異例の年俸3000万で契約した。現時点では[[松坂世代]]最後のプロ入りである。
 
2008年1月6日、都内でランニング中に転倒し左手首(非利き手)を骨折した。18日に手術を受け30日に復帰会見を行い、破片状になった骨の回復には2ヶ月以上かかり、その後でないとリハビリが始められないと発表された。この影響で同シーズンの開幕には間に合わないことが決定的となったが、復帰後、ファームの成績が良かったのか[[5月2日]]の対楽天戦で先発を務める
 
==年度別投手成績==
2,580

回編集