「ドルトンの法則」の版間の差分

ページの白紙化
m (ロボットによる 追加: ko:돌턴의 법칙)
(ページの白紙化)
'''ドルトンの法則'''(ドルトンのほうそく)は、「混合[[気体]]の全体としての圧力(全圧)は、各気体成分それぞれの圧力(分圧)の和に等しい」という法則である。'''分圧の法則'''とも呼ばれる。[[1801年]]に[[ジョン・ドルトン]]により発見された。
 
全圧を '''P''' 、n 番目の成分の分圧を '''p(n)''' とすると、'''P = p(1) + p(2) + ... + p(n)''' となる。
 
したがって、ある2種類以上の気体からなる混合気体をある容器に入れたときの圧力(全圧)は、それぞれの気体だけを同じ容積にいれたときの圧力(分圧)の和に等しい。すなわち、気体の圧力と体積の関係は、気体[[分子]]の種類によらずほぼ一定である。言い換えれば、圧力は容器中の気体の分子数にのみ依存するもので、個別の分子の種類にはよらない。
 
{{sci-stub}}
 
[[Category:自然科学の法則|とるとんのほうそく]]
[[Category:気体|とるとんのほうそく]]
[[Category:物理化学|とるとんのほうそく]]
 
[[cs:Daltonův zákon parciálních tlaků]]
[[en:Dalton's law]]
[[es:Ley de las presiones parciales]]
[[fi:Daltonin osapainelaki]]
[[fr:Loi de Dalton]]
[[he:מודל דלטון]]
[[hr:Daltonov zakon]]
[[hu:Dalton-törvény]]
[[is:Lögmál Daltons]]
[[it:Legge delle pressioni parziali]]
[[ko:돌턴의 법칙]]
[[nl:Wet van Dalton]]
[[pl:Prawo Daltona]]
[[sk:Daltonov zákon]]
[[sl:Daltonov zakon]]
[[sv:Daltons lag]]
[[uk:Закон Дальтона]]
[[zh:道尔顿分压定律]]
匿名利用者