「高木正成」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''高木 正成'''('''たかぎ まさなり'''、[[天正]]15年([[1587年]]) - [[寛永]]12年[[3月11日 (旧暦)|3月11日]]([[1635年]][[4月27日]]))は、[[安土桃山時代]]の[[武将]]。[[江戸時代]]の[[大名]]で[[河内国|河内]][[丹南藩]]の第2代藩主。
 
初代藩主・[[高木正次]]の長男。母は[[大久保忠佐]]の養女。正室は[[山口重政]]の養女(竹田某の娘)。子に[[高木正弘]](長男)、[[高木正好]](次男)、高木正房(三男)、娘([[渡辺吉綱]]正室)、娘([[丹羽氏定]]正室)、娘(設楽貞辰室)。幼名は善次郎。官位は従五位下、[[主水正]]。