「弱文脈依存言語」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (ソート読み訂正)
m
'''弱文脈依存文法''' (Mildly Context-sensitive Grammars) とは、 Joshi (1985) の提案した[[自然言語]]の理論に必要であろう特徴を持った[[形式文法]]の概念で、そのような[[文法]]によって定義づけられる言語クラスが'''弱文脈依存言語''' (Mildly Context-sensitive Languages) である。
 
[[チョムスキー階層]]における[[文脈依存言語]]の中でも[[文脈自由言語]]に一番近い部分にあたり、[[w:Indexed language|Indexed Languages]] (IL) ほどは生成力がない。Joshi の[[木接合文法]] (TAG) の研究の中から生まれた概念だが、TAG以外にもこのクラスの言語を生成する文法が[[言語学]]および形式言語論において多数提案されている。また、形式言語・[[オートマトン]]論的な研究も進んでおり、Weir (1992) によって弱文脈依存言語の性質を持つ形式言語の階層 (Weir's Control Language Hierarchy) が対応するオートマトンと共に定義づけられている。
 
== 特徴 ==
309

回編集