「Geography Markup Language」の版間の差分

編集の要約なし
GMLは[[地理情報システム]]やインターネット上で[[地理情報]]を交換するフォーマットとして使用されている。
GML 3.2.1はISO/TC 211(地理情報の標準化を所管する[[国際標準化機構]](ISO)の第211専門委員会)によってISO 19136として標準化されており、これを受け日本においても[[JIS]] X 7136として日本工業規格化が進みつつある。
 
日本における組織的・体系的なGMLの実装例としては、平成20年4月から[[国土地理院]]が提供している[[基盤地図情報]]がある。
 
[[Category:GIS]]
匿名利用者