「土浦藩」の版間の差分

編集の要約なし
m (整理)
代わって、[[松平信興]]が2万2000石で入る。信興は「知恵伊豆」で有名な[[松平信綱]]の5男である。しかし[[大坂城]]代に任じられたため、短期間で[[摂津国|摂津]]に領国を移封となる。
 
その後、再び土屋政直が駿河田中から6万5000石で再任される。以後は土屋氏10代の支配が続いて、[[明治時代]]を迎えた。ちなみに土屋政直は、[[徳川綱吉]]・[[徳川家宣]]・[[徳川家継]]・[[徳川吉宗]]の4代にわたって[[老中]]として仕え、69万5000石の所領を910万5000石まで拡大した。
 
第9代藩主・[[土屋彦直]]は[[水戸徳川家]]の縁戚であり、第11代藩主・[[土屋挙直]]は[[徳川斉昭]]の第17子である。そのため、[[幕末]]期は佐幕派・討幕派の間で苦慮した立場にあった。
 
=== 土屋家 ===
69万5000石→9→10万5000石(譜代)
#土屋政直(まさなお)
#[[土屋陳直]](のぶなお)従五位下。但馬守。
匿名利用者