「土屋政直」の版間の差分

編集の要約なし
'''土屋 政直'''(つちや まさなお)は、[[江戸時代]]の[[大名]]、[[老中]]。[[常陸国]][[土浦藩]]主、[[駿河国]][[田中藩]]主。
 
土浦藩主・土屋数直の長男として生まれ、父の死後土浦藩を相続。その後駿河田中を経て、土浦に復帰。漸次加増をうけ、最終的に910万5000石となる。老中として4人の将軍に仕えたが、[[側用人]]制度には内心反対し、ポスト家継の後継争いの際、側用人の廃止を条件とし、徳川吉宗の擁立に尽力する。吉宗は将軍につくと、老中たちに口頭試問をしたが、なんとか恥を掻かずに済んだのは3問中2問を答えられた政直のみであった逸話は有名。
 
享保4年([[1719年]])、老中を辞する。辞任・隠居後もとくに前官礼遇を受けた。また、茶道を嗜み、小堀政一の門人の一人でもある。
匿名利用者