「リボザイム」の版間の差分

m
{{sci-stub}}
(style)
m ({{sci-stub}})
ライボザイムは、それだけでRNA自身を切断したり、貼り付けたり、挿入したり、移動したりする活性・能力を持っている。つまり、RNAが自分で自分を編集することを可能にしている酵素である。ライボザイムは、RNAの翻訳産物である[[蛋白質|タンパク質]]の多様化に非常に貢献していると考えられている。
 
{{sci-stub}}
 
[[Category:分子生物学|らいさほいむ]]
64,178

回編集