「第22回全日本女子サッカー選手権大会」の版間の差分

編集の要約なし
'''第22回全日本女子サッカー選手権大会'''(だい22かいぜんにほんじょしさっかーせんしゅけんたいかい)は、[[2001年]][[1月6日]]から[[1月21日]]にかけて行われた大会。[[第21回全日本女子サッカー選手権大会|前大会]]より1クラブ多い19クラブでの実施であったが、これは[[日本女子サッカーリーグ]](L・リーグ)参加クラブが前シーズンより3増1減したためであり、また以前から参加のクラブもその多くがメインスポンサーの撤退などにより市民クラブに転換しての存続など、女子サッカーにとって非常に厳しい状況下での開催であった。
 
また準々決勝の会場を[[矢板市運動公園陸上競技場]]から[[栃木県グリーンスタジアム]]に変更したものの、降雪によるグラウンド状態不良により急遽、[[佐野市運動公園陸上競技場|佐野運動公園陸上競技場]]と[[佐野市運動公園多目的球技場|佐野運動公園サブグラウンド]]に変更するというトラブルもあった。
 
しかし準決勝には前大会と同じ4クラブが進出。[[日テレ・ベレーザ]](←NTVベレーザ)が[[スペランツァF.C.高槻]](←松下電器パナソニック バンビーナ)に、[[TASAKIペルーレFC|田崎ペルーレFC]]が[[伊賀フットボールクラブくノ一]](←プリマハムFCくノ一)がそれぞれ勝利しての決勝進出。ベレーザが前大会優勝の田崎を破り、[[第19回全日本女子サッカー選手権大会|第19回大会]]以来の優勝を果たした。
匿名利用者