「イェール式」の版間の差分

m
推敲
m (推敲)
'''イェール式'''(いぇーるしき, Yale Romanization)は、アジア言語の[[ラテン文字化]]の方法の一つ。[[中国官話|北京官話]]、[[広東語]]、[[朝鮮語]]、[[日本語]]の4 言語に対するローマ字化の方法を規定している。[[第二次世界大戦]]中に、[[アメリカ陸軍]]が使用するために作成された。
4 言語を対象にしているが、各言語のラテン文字化の方法の関連性は薄く、同じラテン文字が同じ音を表しているわけではない。
 
イェール式は、かつては米国で学生への教育目的で使用されたが、現在は使用されなくなってきており、学術分野において残っているのみである。
たとえば、北京官話や[[中国官普通話]]の教育においては、現在では、事実上イェール式に代わり[[ピンイン]]が使用されるようになっている。
 
== 中国北京官話 ==
元々は、米国兵士が戦場で中国軍との意思疎通をはかるために開発された。当時は[[ウェード式|ウェード・ジャイル式]]が一般的なローマ字化手法であったが、新兵用に、英語の綴り方を用いて中国語の音を表すことを考慮して、新たに開発された。
イェール式では、[[有気音]]をあらわす記号が[[アポストロフィ]]のように見えるなど、ウェード式による主な誤読を取り除くことができた。
 
普通話とは違い、広東語においては、イェール式は今でも初学者向けの書籍や辞書などで利用されている。
 
=== 母 ===
{|class="wikitable" style="text-align: center"
|-
|}
 
=== 母 ===
{|class="wikitable" style="text-align: center"
|-
6,445

回編集