「準同型」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (InterWiki)
m
==例==
 
[[群論|群]]や[[環論|環]]の準同型、[[ベクトル空間]]の[[線形写像]](環上の加群としての準同型)は全単射ならば同型である。また、[[体 (数学)|体]]の準同型(単位元持つ環としての準同型)は常に単射であり、かつ零射でないのでその像と元の体は同型になる。ゆえに体の場合は準同型といわず'''中への同型'''とよび、さらに全射ならば'''上への同型'''であるという。
 
[[連続写像]]は[[位相空間]]における準同型であるとみなせる。同型写像に当たるものは全単射かつ両連続な写像であり、それは同相写像あるいは[[位相同型]]写像と呼ばれる。
{{stub}}
 
[[category:代数学|しゆんとうけい]]
 
[[de:Homomorphismus]]
8,187

回編集