「窓関数」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
====ハン窓====
[[画像:Window_function_(hann).png|thumb|ハン窓]]
:hanninghann window(hanningwindow(hannは人名由来だが、慣習的に小文字で書く)。フォンハン窓 (von Hann window)、2乗余弦窓、raised cosine windowとも。[[ユリウス・フォン・ハン]]<!--Julius Ferdinand von Hann-->が考案した。ハミング窓との連想から「ハニング窓」と呼ばれる例がある
:最もよく使われる窓関数の一つ。
*<math>w(x) = 0.5 - 0.5 \cos 2 \pi x, \ \mbox{if } 0 \leq x \leq 1 </math><br style="clear:both" />
:ハミング窓との連想から「ハニング窓」と呼ばれる例がある。
 
====ハミング窓====
 
====一般化ハミング窓====
:ハ窓とハミング窓の一般化。実数パラメタ <math>a, \ 0.5 \leq a \leq 1</math> を持ち、<math>a = 0.5 \,</math> でハ窓、<math>a = 0.54 \,</math> でハミング窓、<math>a = 1 \,</math> で矩形窓になる。
*<math>w(x) = a - (1 - a_0) \cos 2 \pi x, \ \mbox{if } 0 \leq x \leq 1 </math>
 
[[画像:Window_function_(bartlett-hann).png|thumb|バートレット‐ハン窓]]
:Bartlett‐Hann window。修正バートレット‐ハン窓 (modified Bartlett‐Hann window) とも。
:バートレット窓とハ窓の線形混合。異なる比率のものを使うこともある。
*<math>w(x) = 0.62 - 0.48 | x - 0.5 | - 0.38 \cos 2 \pi x, \ \mbox{if } 0 \leq x \leq 1 </math><br style="clear:both" />
 
9,531

回編集