メインメニューを開く

差分

ちなみに削除
 
;1年間
所定の申込用紙に記入した上で、顔写真などの必要書類を添えてヴェリブ事務局へ郵送する。郵送してから2週間~1ヶ月ほどでカード「カルト・ヴェリブ(carte Vélib')」が届き、レンタルが可能となる。1年間の契約料は29ユーロで、有効期間内であれば再度登録料を支払う必要はなく、何度でも借りることができる。ちなみに、[[メトロ (パリ)|メトロ]]やバスの定期券である「NAVIGO」と組み合わせたカードも申し込むことができる。
 
=== 利用料 ===
利用料は、利用した時間によって決められている。 最初の30分は無料となっているが、30分を過ぎると、31~60分は1ユーロ、61~90分は2ユーロ、その後30分延長するごとに4ユーロの追加料金がかかる。長時間利用した場合の料金がやや高い、との意見があるが、これはあくまでもヴェリブが短距離の移動手段として導入されていることから、各ステーションの自転車不足を防止し、少しでも回転効率を高めるためである。また、自転車の盗難を防ぐといった目的もある。ちなみに、30分以内に返却して、再び借り直すという方法もあるが、返却後5分間は自転車を再び借りることはできないようになっている。
 
無料時間の30分以内で、最寄りのステーションに返却用の空きスペースがなかった場合、カードを駐輪ポイントの読み取り機に載せるか、チケットに印字されているVelibコードを、そのステーションのボルヌに入力すれば、15分間無料時間が延長される。
 
=== ボルヌ ===
ボルヌは、利用者登録・利用料の支払い・レンタル依頼・残りの時間や返却の確認・近くにあるステーションの利用状況など、ヴェリブに関することはすべて行えるようになっている。また、言語も[[フランス語]]だけではなく、[[英語]]と[[スペイン語]]にも対応している(フランス語・英語のみのボルヌもあり)。操作は画面を操作する[[タッチパネル]]ではなく、画面の指示に従って、自分が希望する数字を下にある選択パネルで選ぶ。裏側には周辺の地図も取り付けられており、最寄りのステーションも確認することができる。ちなみに、フランス語・英語・スペイン語・[[ドイツ語]]・[[イタリア語]]・[[日本語]]の計6ヶ国語に対応しているボルヌもある。
 
== 利用制限 ==
 
== 貸出車両 ==
グレーで落ち着いた色遣いの車両である。屋外に配備され、不特定多数の市民が利用することから、比較的丈夫で、総重量約22kgという重いものになっている。オランダ式と呼ばれる、[[ペダル]]を逆に漕ぐことで[[ブレーキ]]をかけるタイプではなく、ハンドルにブレーキが付けられている。坂道が多いパリの街に対応するため、3段変速の[[歯車|ギア]]も付けられている。[[サドル (自転車)|サドル]]はレバーで簡単に調節できるようになっている。前後には自動的に点灯する安全灯、車輪には反射板が取り付けられており、夜間運転時の安全対策もとられている。一時的に駐輪するときに、柱などに巻きつける盗難防止用チェーンも装備されている。ハンドル部分には、後述のホットラインサービスの電話番号や、使用上の注意点などが書かれている。フランスでは珍しい前かごタイプとなっているが、これは後ろに荷台を取り付けると、二人乗り運転を助長する恐れがあったためである。ちなみに、前かごには[[ひったくり]]防止用のコードが取り付けられている。また、車両のデザインは有名デザイナーである[[パトリック・ジュアン]]の手によるものである。チェーンなど故障しやすい部分の周囲はガードで覆われている。
 
== 万が一の場合の対応 ==
3,097

回編集