「一色義定」の版間の差分

編集の要約なし
'''一色 義定'''(いっしき よしさだ、?<!--[[永禄]]元年([[1558年]])--> - [[天正]]10年[[9月8日 (旧暦)|9月8日]]([[1582年]][[9月24日]])?)は[[一色氏]]の当主。[[一色義道]]の子、別名'''義有'''・'''義俊'''・'''満信'''。通称五郎。妻は[[細川幽斎|細川藤孝]]の娘の伊也(『一色軍記』では”[[菊の方]]”)
 
剛勇に優れた猛将で、父の義道と共に[[織田信長]]軍の侵攻を退けていたという。しかし[[1579年]]、父が味方の裏切りによって殺されると、家督を継いで一色氏の残党を率い、[[弓木城]]で徹底抗戦する。
匿名利用者