「コンテナターミナル」の版間の差分

新規作成 コンテナターミナル(Container terminal)は、コンテナ船が接岸してコンテナを積卸する専用の岸壁をそなえ、これらのコンテナを運搬・保管する大規模な設備と広さをもった港
(redirect)
 
(新規作成 コンテナターミナル(Container terminal)は、コンテナ船が接岸してコンテナを積卸する専用の岸壁をそなえ、これらのコンテナを運搬・保管する大規模な設備と広さをもった港)
[[Image:Port of Singapore Keppel Terminal.jpg|thumb|right|300px|[[シンガポール]]の[[ケッペル港]]にあるケッペル・コンテナ・ターミナル]]
#REDIRECT [[コンテナヤード]]
[[Image:Pier T in Long Beach.jpg|thumb|right|300px|米[[カリフォルニア]]の[[ロングビーチ]]にあるT埠頭コンテナ・ターミナルのガントリークレーン群]]
'''コンテナターミナル'''(Container terminal)は、[[コンテナ船]]が接岸して[[コンテナ]]を積卸する専用の岸壁をそなえ、これらのコンテナを運搬・保管する大規模な設備と広さをもった港の施設である。
 
== 概要 ==
コンテナ・ターミナルはコンテナ船専用の岸壁であり、コンテナの積卸作業だけでなく広い敷地に多数のコンテナを集積し一時的に保管する機能や、国際貨物の輸出入時の保税地域としての役割を果たしている<ref name = "船と海運のはなし"/>。
 
世界の海運の主流はタンカーや鉱石の運搬を除けば、長さが20フィートと40フィートという2種類に標準化された鋼鉄製のコンテナによって行なわれており、これらのコンテナは専用のコンテナ船という[[貨物船]]によって運ばれ、その多くがコンテナ・ターミナルで積卸しされる。例えば日本が海外から輸入する雑貨の90%はこれらのコンテナによって運搬されている<ref name = "まるごと! 船と港"/>。
 
== 荷役 ==
[[Image:Container terminal Layout NT.PNG|thumb|400px|right|'''コンテナ・ターミナル内の概略配置'''<br>1.荷役エリア(エプロン) 2.コンテナ・ヤード 3.ゲートエリア 4.コンテナ船 5.ガントリー・クレーン 6.管理棟 7.ゲート]]
貨物の積卸を荷役(にやく)という。
コンテナ・ターミナルの岸壁には「ガントリー・クレーン」がいくつか備わっており、コンテナ船でのコンテナの積卸を効率的に行なっている。ガントリー・クレーンが稼動しているエリアは「エプロン」と呼ばれる。1万個以上のコンテナを積む巨大コンテナ船が到着すると5-7台のガントリー・クレーンが同時に働いて、「シャーシー」と呼ばれるセミ・トレーラーに積む。これらの車両は基本的に、コンテナ・ヤード内までコンテナを運び、「トランスファー・クレーン」や「トランステナー」と呼ばれるコンテナ専用のクレーン車でコンテナ・ヤードの正しい位置に積み替えられる。コンテナ船への積込はこれと逆の手順となる。これは「トランスファー・クレーン方式」と呼ばれる一般的な方法であるが、他にも「オーシャンシー方式」と呼ばれる、シャーシーをそのまま駐車する方式や、「ストランドルキャリア方式」や「マトソン方式」と呼ばれるストランドルキャリアという専用の移動機械を使う方式もある。いずれの方式でも、国際海運に使用される大型コンテナ船の経済効率は港湾での荷役時間の短縮が重要な要素となっており、昼夜を問わず短時間での作業完了が求められる。
 
特に大きなガントリー・クレーンは、スーパーガントリー・クレーンと呼ばれ、アウトリーチと呼ばれるブームの前方稼動範囲が50mもあるので、横方向に18列までコンテナが積まれた巨大コンテナ船にも対応できるが、世界最大のコンテナ船「エマ・マークス」では船幅56.4mでコンテナは横に22列も積まれているため、片側からは届かない。
 
1つのガントリー・クレーンで35-40個/時間程度の効率で荷役できる<ref name = "まるごと! 船と港"/>。
 
#REDIRECT== [[コンテナヤード]] ==
コンテナ・ヤードはコンテナを一時的に保管するエリアであり、基本的にコンテナは野積みされる。冷凍コンテナの保管には電源が必要となり、一部には冷気の供給を必要とするコンテナ用の設備を備えるなど、冷凍コンテナ専用のコンテナ・ヤードがある。
 
コンテナ・ヤードへの保管位置はコンピュータによって厳密に管理され、船ごとなどで分けられている。
 
特にコンテナ・ヤードからエプロンへの荷役はコンテナ船への積み込み計画に基づき、ピックアップされねばならない。コンテナ船でのコンテナのセルへの積付けは船の重心バランスや寄港地の順番などに関係するため、主に一等航海士の仕事である。コンテナ・ターミナルのコンピュータでそういった全ての作業計画を管理し、トランステナー、シャーシー、ガントリークレ-ンは必要な指示をコンピュータから受ける<ref name = "まるごと! 船と港"/>。それぞれのコンテナはGLDUで始まるコンテナ番号によって識別される。
 
コンテナ・ヤードは保税地域であるため、外部の者の立ち入りは厳重に制限される。コンテナのドアは発地で封印されており、船上はもとより、コンテナ・ヤードでも税関職員による検査などを除けば安易には開封することは許されない<ref name = "船と海運のはなし">拓海広志著 『船と海運のはなし』 成山堂書店 2007年11月8日改訂増補版発行 ISBN 978-4-425-911226</ref>。
 
== ゲート ==
コンテナ・ターミナルの中でエプロンとコンテナ・ヤード以外がゲートの部分である。ゲートは文字通り、出入りの門の部分の他に、管理棟、コンテナの開梱・梱包作業を行なう「フレイト・ステーション」、メンテナンス・ショップ、コンテナ洗浄所などがある<ref name = "まるごと! 船と港">森隆行著 『まるごと! 船と港』 同文館出版 2008年3月19日初版発行 ISBN 978-4-498-57861-9</ref>。
 
== コンテナ・ターミナル・オペレーター ==
コンテナ・ターミナルを運営者は「コンテナ・ターミナル・オペレーター」と呼ばれ、世界中でコンテナ・ターミナルを運営する国際的な企業の上位5社で2004年の国際コンテナ輸送の取扱総数の約45%を占め、上位22社で65%を占めている。
 
#ハチソン・ポート・ホールディングス(HPH、香港) - 4,780万 TEU (13.3%)
#APモラー・ターミナル(APMT、デンマーク) - 34万 TEU (9.5%)
#ドバイ・ポート・ワールド(DPW、AEU) - 33.3万 TEU (9%)
#PSA(シンガポール) - 33.1万 TEU (9%)
#COSCO(中国)) - 13.1万 TEU (3.7%)
<ref name = "まるごと! 船と港"/>
 
[[メガターミナルオペレーター]]も参照。
 
== 今後 ==
国際物流の発展と効率化の追求によってコンテナ輸送はますます増加することが見込まれている。コンテナ・ターミナルは今後も、アウトリーチの長いスーパーガントリー・クレーンの整備や、岸壁の水深を現在の13-14mから更に掘り下げ15m以上にすることによって、巨大フルコン船への対応を可能にするなど、今後の更なる施設の拡充が求められている。
 
== 出典 ==
<references/>
 
== 関連項目 ==
*[[コンテナ]]
*[[コンテナ船]]
*[[ガントリークレーン]]
*[[保税地域]]
*[[メガターミナルオペレーター]]
 
[[Category:物流|こんてなやと]]
 
[[de:Containerterminal]]
[[en:Container terminal]]
[[id:Terminal peti kemas]]
2,737

回編集