「コンテナターミナル」の版間の差分

link
(link)
 
== 概要 ==
コンテナ・ターミナルはコンテナ船専用の岸壁であり、コンテナの積卸作業だけでなく広い敷地に多数のコンテナを集積し一時的に保管する機能や、国際貨物の輸出入時の[[保税地域]]としての役割を果たしている<ref name = "船と海運のはなし"/>。
 
世界の海運の主流はタンカーや鉱石の運搬を除けば、長さが20フィートと40フィートという2種類に標準化された鋼鉄製のコンテナによって行なわれており、これらのコンテナは専用のコンテナ船という[[貨物船]]によって運ばれ、その多くがコンテナ・ターミナルで積卸しされる。例えば日本が海外から輸入する雑貨の90%はこれらのコンテナによって運搬されている<ref name = "まるごと! 船と港"/>。
[[Image:Container terminal Layout NT.PNG|thumb|400px|right|'''コンテナ・ターミナル内の概略配置'''<br>1.荷役エリア(エプロン) 2.コンテナ・ヤード 3.ゲートエリア 4.コンテナ船 5.ガントリー・クレーン 6.管理棟 7.ゲート]]
貨物の積卸を荷役(にやく)という。
コンテナ・ターミナルの岸壁には「[[ガントリークレーン|ガントリー・クレーン]]」がいくつか備わっており、コンテナ船でのコンテナの積卸を効率的に行なっている。ガントリー・クレーンが稼動しているエリアは「エプロン」と呼ばれる。1万個以上のコンテナを積む巨大コンテナ船が到着すると5-7台のガントリー・クレーンが同時に働いて、「シャーシー」と呼ばれる[[牽引自動車|セミ・トレーラー]]に積む。これらの車両は基本的に、コンテナ・ヤード内までコンテナを運び、「トランスファー・クレーン」や「トランステナー」と呼ばれるコンテナ専用のクレーン車でコンテナ・ヤードの正しい位置に積み替えられる。コンテナ船への積込はこれと逆の手順となる。これは「トランスファー・クレーン方式」と呼ばれる一般的な方法であるが、他にも「オーシャンシー方式」と呼ばれる、シャーシーをそのまま駐車する方式や、「ストランドルキャリア方式」や「マトソン方式」と呼ばれるストランドルキャリアという専用の移動機械を使う方式もある。いずれの方式でも、国際海運に使用される大型コンテナ船の経済効率は港湾での荷役時間の短縮が重要な要素となっており、昼夜を問わず短時間での作業完了が求められる。
 
特に大きなガントリー・クレーンは、スーパーガントリー・クレーンと呼ばれ、アウトリーチと呼ばれるブームの前方稼動範囲が50mもあるので、横方向に18列までコンテナが積まれた巨大コンテナ船にも対応できるが、世界最大のコンテナ船「エマ・マークス」では船幅56.4mでコンテナは横に22列も積まれているため、片側からは届かない。
 
== コンテナ・ターミナル・オペレーター ==
[[{{main|メガターミナルオペレーター]]も参照。}}
コンテナ・ターミナルを運営者は「コンテナ・ターミナル・オペレーター」と呼ばれ、世界中でコンテナ・ターミナルを運営する国際的な企業の上位5社で2004年の国際コンテナ輸送の取扱総数の約45%を占め、上位22社で65%を占めている。
 
#COSCO(中国)) - 13.1万 TEU (3.7%)
<ref name = "まるごと! 船と港"/>
 
[[メガターミナルオペレーター]]も参照。
 
== 今後 ==