「市来氏」の版間の差分

編集の要約なし
'''市来氏'''(いちきし)は、薩摩国市徃(市来)院(現[[いちき串木野市]])から興った家系で、本姓として[[大蔵氏]]を称するが、始祖大蔵政房の出自は不詳である。
'''市来氏'''は、薩摩国市徃(市来)院(現[[いちき串木野市]])から興った家系で、本姓として[[大蔵氏]]を称するが、始祖大蔵政房の出自は不詳である。政房は[[宝亀]]年中に薩摩に下向し市徃院[[郡司]]となり、同院の鍋ヶ城に拠り子孫が市徃(市来)の名字を名乗った。4代家房が早世し後家の市前御前が跡を継ぎ、のち[[寛元]]2年7月19日に外孫の政家を養子として[[市来院]]郡司職を譲る。6代政家は、[[惟宗康友]]の孫国分友成の子であり 市来の名字を名乗り、弟の河上家忠に大蔵氏を譲り、自らは[[国分氏 (薩摩国)|国分家]]の本姓である[[惟宗氏]]を称した。以後、市来家は惟宗氏となる。[[寛正]]3年([[1463年]])、12代久家の代に至って、[[島津立久]]との戦いに敗れ、政房以来690余年にして市来家は没落し嫡流家は滅亡した。菩堤寺は[[来迎寺 (いちき串木野市)|来迎寺]]。
 
'''市来氏'''は、薩摩国市徃(市来)院(現[[いちき串木野市]])から興った家系で、本姓として[[大蔵氏]]を称するが、始祖大蔵政房の出自は不詳である。政房は[[宝亀]]年中に薩摩に下向し市徃院[[郡司]]となり、同院の鍋ヶ城に拠り子孫が市徃(市来)の名字を名乗った。4代家房が早世し後家の市前御前が跡を継ぎ、のち[[寛元]]2年7月19日に外孫の政家を養子として[[市来院]]郡司職を譲る。6代政家は、[[惟宗康友]]の孫国分友成の子であり 市来の名字を名乗り、弟の河上家忠に大蔵氏を譲り、自らは[[国分氏 (薩摩国)|国分家]]の本姓である[[惟宗氏]]を称した。以後、市来家は惟宗氏となる。[[寛正]]3年([[1463年]])、12代久家の代に至って、[[島津立久]]との戦いに敗れ、政房以来690余年にして市来家は没落し嫡流家は滅亡した。菩堤寺は[[来迎寺 (いちき串木野市)|来迎寺]]。
 
== 系図 ==
 
*6代政家([[弘長]]4年に京都大番役を勤めた)
*8代時家([[建武 (日本)|建武]]4年8月14日、院内赤崎合戦で戦死)
*9代氏家(歌人、市来流蹴鞠の始祖)
 
== 系図相論 ==
[[永享]]年間(1429~1440)に、[[島津氏]]守護代の経歴をもつ[[酒匂氏]]が記した『酒匂安国寺申状』の中で[[弘安]]2年([[1279年]])から7年([[1284年]])まで、[[島津忠久]]の孫の久時と市来政家が系図相論をしたことが書かれている。この文書は、島津家が守護職に復職した経緯が書かれており、一族の強権支配が在地領主の反発を招いていたことを示している。久時に対し、本来同族でありながら権柄ずくで「恩顧を受けている者」として遇されることに不満を抱いた市来政家が忠久の父は[[惟宗忠康]]だと主張して同じ惟宗氏である事を訴えた相論である。島津家側は自らが惟宗氏の出身であることは認めたが、忠久は広言の子であり同じ惟宗氏でも家柄は違うと反論した。どのような形で尊卑論争が終結したかは記されていないが、島津家の系図がその後も忠久の父は[[惟宗広言]]としてきた事から、島津家の主張が通ったものと思われる。  その後、島津氏は頼朝後胤説を称し、一般的に忠久は頼朝の子として定着しているが、市来氏の主張した忠康が最近みなおされている。下記はそれぞれ奉行所に提出したとされる系図
 
その後、島津氏は頼朝後胤説を称し、一般的に忠久は頼朝の子として定着しているが、市来氏の主張した忠康が最近みなおされている。下記はそれぞれ奉行所に提出したとされる系図。
 
*島津家側が提出した系図
:知國-友廣-康友(執印)-友尚(国分)-友成(国分)-政家(市来)
 
[[category{{DEFAULTSORT:鹿児島県の歴史|いちきし]]}}
[[category:日本鹿児島県氏族|いちきし歴史]]
[[category:日本の氏族]]
[[category:惟宗氏|+いちきし]]
匿名利用者