メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
'''相賀 武夫'''('''おうが たけお''' [[1897年]][[4月2日]] - [[1938年]][[8月12日]])は[[岡山県]]出身の出版事業家。[[小学館]]および[[集英社]]の創業者。別名、相賀祥宏。長男は第2代社長の[[相賀徹夫]]。孫は第3代社長の[[相賀昌宏]](徹夫の長男)
 
==来歴・人物==
1923年[[9月1日]]、[[関東大震災]]にあって大きな打撃を受けたが、休まず雑誌を刊行。[[1926年]]には、小学館から娯楽誌出版部門を分離独立させ、[[集英社]]を設立。しかし過労がたたって[[1929年]]夏から病床生活を余儀なくされ、夫婦で[[日蓮宗]]に帰依する。[[1931年]]、祥宏と改名。
 
1938年8月12日に死去。42歳の若さだった。社長は長男の徹夫が継承した。死去当時11歳だった徹夫は[[1945年]]に小学館を株式会社化し、その後50年以上にわたって社長をつとめた。
 
小学館の事業は、息子[[相賀徹夫|徹夫]]に受け継がれた。
 
[[Category:小学館|おうか たけお]]
匿名利用者