「エリザベスカラー」の版間の差分

m
+内部リンク、微編集
m (avoid red.:エリザベス1世 (イングランド女王))
m (+内部リンク、微編集)
[[Image:Elizabeth1England.jpg|right|thumb|200px|[[エリザベス1世 (イングランド女王)|エリザベス1世]]]]
[[Image:Cat with Elizabethan collar.jpg|right|thumb|200px|手術後、エリザベスカラーを付けた猫]]
[[Image:Elizabeth1England.jpg|right|thumb|200px|[[エリザベス1世 (イングランド女王)|エリザベス1世]]]]
'''エリザベスカラー'''(Elizabethan([[英語]]:Elizabethan collar)collar)とは、[[手術]]、[[皮膚病]]、怪我などによる[[外傷]]を持った[[動物]]が、傷口をなめることで傷を悪化させることを防ぐ為の、[[半円錐]]形状の保護具である。
 
「エリザベスカラー」という名前は、16世紀[[イギリス]]の[[エリザベス朝]]時代に人々が装着した分厚い襟(写真下)から来ている。
 
一般に材質は[[プラスチック]]でできており、展開すると中心部を欠いた[[扇形]]になる。エリザベスカラーの幅は、展開した状態での外周の半径の2/3程度が一般的である。
また、動物の首にふれることになる内周部は、多くの場合[[樹脂]]等によってカバーされ、クッションの役割を果たすようになっている。
 
対象の動物の大きさによって様々な大きさのものが使用される。超小型[[犬|イヌ|犬]][[猫|ネコ|猫]]等の場合は、'''エリザベスカラー'''を使用せずに、[[ハンカチ]]等で代用することもある。
 
[[category{{DEFAULTSORT:ペット|えりさへつ]]すから}}
[[category:ペット]]
[[en:Elizabethan collar]]