「カレリア (シベリウス)」の版間の差分

m (robot Modifying: fr:Karelia (musique de scène))
このため『カレリア』は最終的に「序曲」[[作品番号|op.]]10と「組曲」op.11の2つの作品として1906年に[[ブライトコプフ・ウント・ヘルテル]]社から出版され、今に残ることになった。
 
[[Media:Example.mp3]]==『カレリア』序曲op.10==
組曲と比較して演奏の機会は少ない。中間部に組曲の第1曲「間奏曲」の主題が現れる。
 
匿名利用者