「オワンクラゲ」の版間の差分

Tempalte:生物分類表
m (ロボットによる 追加: it:Aequorea victoria)
(Tempalte:生物分類表)
{{生物_分類終了}}
{{生物_開始|pink|名称='''オワンクラゲ'''}}
<!--{{生物_画像||}}-->
|色=pink
{{生物_分類開始|pink}}
{{生物_||=[[動物界]] [[:en:Animalia|Animalia]]}}
{{生物_||=[[刺胞動物門]] [[:en:Cnidaria|Cnidaria]]}}
{{生物_綱|綱=[[ヒドロ虫綱]] [[:en:Hydrozoa|Hydrozoa]]}}
{{生物_目|目=[[軟クラゲ目]] [[:en:Leptomedusae|Leptomedusae]]}}
{{生物_科|科=[[オワンクラゲ科]] [[:en:Aequoreidae|Aequoreidae]]}}
{{生物_属|属=[[オワンクラゲ属]] ''[[:en:Aequorea|Aequorea]]''}}
{{生物_種|種='''オワンクラゲ''' ''A. coerulescens''}}
{{生物_|学名|pink|='''''Aequorea coerulescens''''' <br /><small>Brandt, 1838</small>
{{生物_分類終了}}
{{生物_|和名|pink|=オワンクラゲ}}
{{生物_学名|pink|'''''Aequorea coerulescens''''' <br /><small>Brandt, 1838</small>
}}
'''オワンクラゲ'''は[[日本]]各地の沿岸で見られる[[ヒドロ虫綱]]<!--[[軟クラゲ亜目]][[オワンクラゲ科]]-->に属する[[クラゲ]]様の[[無脊椎動物]]。遺伝子組み換え生物を作るために、遺伝子のベクターとして用いられる合成プラスミド「[[pGLO]]」はこの種から生成される。
{{生物_和名|pink|オワンクラゲ}}
{{生物_終了}}
 
'''オワンクラゲ'''は[[日本]]各地の沿岸で見られる[[軟クラゲ亜目]][[オワンクラゲ科]]の[[クラゲ]]の一種。
 
==解説==
お碗を逆さにしたような形で、その透明な姿は傘の内側の放射管がはっきりと浮かび上がる。最大傘径20cm、[[ヒドロ虫綱]]で最大のクラゲ。
 
クラゲの中では比較的生命力が強く、飼育も容易である。刺激を受けると生殖腺を青白く発光させるが、これは[[緑色蛍光タンパク質]](Green Fluorescent Protein; GFP)の働きによるもので、[[1960年代]]に[[下村脩]]により発見された。GFP遺伝子は[[1992年]]に単離され、現在手軽な自然の蛍光標識として[[生化学]]の手法の中で広く使われている。
 
==A. coerulescens と A. victoria ==
なお日本沿岸でみられる本種''A. coerulescens''は、欧米でみられる''A. victoria''よりもやや大きいとされるが、現状では別種なのか同種の亜種なのかよくわかっていない。今のところ''A. victoria''についても和名をオワンクラゲとしており、下村がGFPを発見したのもこの''A. victoria''である。
 
==関連項目==
*[[PGLO]] - オワンクラゲから生成する。
 
[[Category:刺胞動物|おわんくらけ]]
匿名利用者