「腋臭症」の版間の差分

m
日本社会では腋臭症を嫌う傾向がある。これは大半が[[モンゴロイド]]から構成される日本社会において腋臭形質を持つ者が少数派である上に、毎日[[風呂]]に入る文化的側面の影響もあり、過度の体臭は風呂に入っていない不潔な者であると判断する傾向にあるためである。
 
しかし、[[コーカソイド]]や[[ネグロイド]]多数を占める社会では、腋臭形質を持つ者が腋臭形質を持たない者の数を上回るため、社会的にごく一般的な人体形質であとみられている。そのため、腋臭症であることを気にする人は日本と比べれば少ない。西洋諸国で腋臭症の治療の大半が過剰な汗の量を抑えるのも目的としたものであり、日本のように臭いそのものをなくす目的の手術が行われる事は少ない。
 
本来人間の腋臭は一種の[[フェロモン]]として機能する体臭形質のひとつであり、異性を引き付けるためのものであったり、縄張りを主張するためのものとして機能していたと考えられる。これは、ヒト以外の動物に多くみられる機能であるし、非モンゴロイドが多数派の社会では現在もそうした機能が残っている。
 
たとえば、欧米社会における[[香水]]文化は、腋臭などの体臭をより効果的に演出する発想と強く結びついている。しかし、現代日本では上記の入浴習慣以外にも、[[香道]]のような微妙な[[臭い]]や[[味覚]]の違いを尊重する文化的側面から、体臭を誤魔化す方法と見なされる場合がある。
1,252

回編集