「異名同音」の版間の差分

編集の要約なし
'''異名同音'''(いめいどうおん)とは、[[西洋音楽]]において、[[音名]]が異なっても実質演奏される音が同じ音となる複数(一組だけ2つ、他は3つ)の音の事をいう。エンハーモニック(英:enharmonic 仏:enharmonique)とも
[[平均律]](やそれに類似した音律)にあって初めて出現する概念(純正律では異名異音となる)であるが、[[バロック音楽|バロック]]時代以降、完全平均律こそ普及はしていなかったが、[[音程]]の異名同音的な取り扱い利用することによって音楽の可能性が飛躍的に広がった。特に、[[ロマン派音楽|ロマン派]]時代以降は完全平均律の普及によって完全に異名同音となったことから普通に使われるようになった。
 
次の12の組み合わせである。□は[[ピアノ]]の白鍵、■は同じく黒鍵の音であり、#、bはそれぞれ♯、♭を意味する。
|-
|}
 
==関連項目==
*[[音律]]
**[[純正律]]
**[[ピタゴラス音律]]
**[[中全音律]]
**[[ウェル・テンペラメント]]
**[[平均律]]
 
*[[鍵盤楽器]]
 
*作曲家
**[[ジャン=フィリップ・ラモー|ラモー]]
 
[[Category:音楽理論|いめいとうおん]]
[[Category:調性|いめいとうおん]]
匿名利用者