「天地開闢 (日本神話)」の版間の差分

いざなき→いざなぎ(イザナギおよび他の記事の記載にあわせる)
(いざなき→いざなぎ(イザナギおよび他の記事の記載にあわせる))
*[[オオトノヂ・オオトノベ|意富斗能地神]] (おほとのじのかみ) 、大斗乃弁神 (おほとのべのかみ)
*[[オモダル・アヤカシコネ|於母陀流神]] (おもだるのかみ) 、阿夜訶志古泥神 (あやかしこねのかみ)
*[[イザナギ|伊邪那岐神]] (いざなのかみ) 、[[イザナミ|伊邪那美神]] (いざなみのかみ)
以上の七組十二柱の神々を総称して'''[[神世七代]]'''(かみのよななよ)という。
 
#:*青橿城根尊(あをかしきのみこと)
#:*吾屋橿城尊(あやかしきのみこと)
#[[イザナギ|伊弉諾尊]](いざなのみこと)、[[イザナミ|伊弉冉尊]](いざなみのみこと)
 
:'''第1の一書'''では、伊弉諾尊、伊弉冉尊は、青橿城根尊の子とされている。
:#角樴尊(つのくひのみこと)、活樴尊(いくくひのみこと)
:#面足尊(おもだるのみこと)、惶根尊(かしこねのみこと)
:#伊弉諾尊(いざなのみこと)、伊弉冉尊(いざなみのみこと)
 
==解説==