「利用者‐会話:Sergei semenovich/20080701」の版間の差分

 
:初めまして。ご意見ありがとうございます。<br />ZARDが1990年代に女性ボーカルとしては最も多く(全体でも3位)のシングル売上げ枚数を記録したという事実は「日本のポピュラー音楽を代表する人気グループ」であることの十分な裏付けだと思います。ご提示いただいた辞書サイトにおける「代表」の(3)、「人気」の(1)の解説を見てもそれは明らかです。中立的な観点が重視される百科事典であればこそ日本のポピュラー音楽界におけるZARDの位置付けをありのままに記述するのは望ましいことだと考えます。ZARDのファンではない方であっても「ランキング」の節に挙げられたデータをご覧になればZARDが日本において卓越した人気を誇るグループであることに同意されるでしょう。またミュージシャン等の記事においてほかの分野とは違った特段の配慮をしなければならない事情はないと思います。<br />私の考えは以上です。--[[利用者:Sergei semenovich|sergei]] 2008年5月30日 (金) 08:38 (UTC)
 
::ご回答ありがとうございます。まず最初にお断りしておかなければならないのですが、先に書き込ませて頂いた内容中の「(特にミュージシャン等の記事の)記述・編集の際には「ファンでない方の視点」も意識すべきかと考えます」という文言は、主観的あるいは非中立的記述が非常に多く見受けられる「ミュージシャンの記事全般の現状」を鑑みたものです。言葉足らずなうえに表現の方法が拙く、誤解を招いてしまったようで大変申し訳ありませんでした。<br />さて、ZARDが「日本のポピュラー音楽を代表する人気グループ」であることの十分な裏付け、というご意見ですが、その「基準」は果たして「誰」が決定するものなのかをご再考願えますでしょうか。「辞書サイトにおける「代表」の(3)の解説を見ても明らか」という点に関しましても、「1990年代に女性ボーカルとしては最も多く(全体でも3位)のシングル売上げ枚数を記録したこと」=「すぐれている」「最適」というのは異議を唱えざるを得ないご意見です。例えば(その年代に)「シングルが最も多く売れたミュージシャン」ではなく、「ライブの動員数が最も多かったミュージシャン」こそがその年代の代表的ミュージシャンと称されるべきだ、等の異論が唱えられた場合、sergeiさんはどうなさいますか?あくまでもシングル(あるいはアルバム)の売上数こそが代表的ミュージシャンを決定する最大要素である、そう仰られるのでしょうか?つまり「何をもって代表的とするか」、その基準が万人の明確な合意を得て決定されていない以上、代表的云々という記述を行うことはそれ自体が非中立的である、と私は考えます。また、辞書サイトにおける「人気」の(1)についてですが、「評判」「受け」というのはあくまでもファンあるいは好意的な方々の反応です。確かにアルバムやシングルの売上はそれなりのものであったかもしれませんが、それが即ち「ZARD=世界中の全ての人々から受け、評判がよい」というにつながるわけではありません。くどいようですがウィキペディアおよびウィキペディアの閲覧者にとって「人気の有無」という記述は全く無用であり、それらの記述は非中立的です。--[[利用者:Blackbelt Jones|Blackbelt Jones]] 2008年5月30日 (金) 13:31 (UTC)
576

回編集