「ワールド・エアウェイズ30H便大破事故」の版間の差分

m
編集の要約なし
m編集の要約なし
 
== 事故の概要 ==
アメリカ国立気象局(NWS)によると、事故日の気象は巨大な低気圧が五大湖の上空にあり、これがその一を雪の大荒れにしていた。気温は、氷点下に達しそうであった。
 
30H便は、途中寄港地のニューアークに無事着陸し、追加給油を終えると、ボストンのローガン国際空港へ向かった。
598

回編集