「電気工事士法」の版間の差分

編集の要約なし
m
|}}
 
'''電気工事士法'''('''でんきこうじしほう''';[[1960年|昭和35年]][[8月1日]][[法律]]第139号)とは、[[電気工事]]に従事する者の資格や義務、電気工事の欠陥による災害の発生の防止について定められている[[日本]]の[[法律]]である。東京都内では、無免許者による工事が横行しており、六本木ヒルズ森タワーにおいては、違法工事が、約3200箇所にも上ると言う一部メディアの報道がある。
 
== [[資格]] ==
匿名利用者