「曹爽」の版間の差分

m
 
==略歴==
東宮(皇太子)時代から'''明帝'''([[曹叡]])の寵愛が厚く、明帝が即位すると散騎常持になり、やがて武衛将軍になるなど、とりわけ厚遇されていた。<br/>
[[239年]]に明帝が病床に伏すと曹爽は[[大将軍]]の位を賜り、[[司馬懿]]と共に明帝の[[養子|猶子]]である[[皇太子]]・[[曹芳]](一説では[[曹彰]]の孫)の補佐をすることを命じられた。
 
明帝が36歳で崩御して太子の斉王(曹芳)が即位すると、曹爽は侍中の位を与えられ、「剣履上殿」「入朝不趨」「謁讚不名」(剣を帯び、靴を履いたまま昇殿し、小走りに走らずともよく、皇帝に目通りする際は実名を呼ばれない)と言う特権を与えられた。<br/>
初めは司馬懿に対して父親に等しい対応で接していたが、[[何晏]]ら取り巻きの提言で権力を独占しようと画策し、[[司馬懿]]を[[後見役|太傅]]に祭り上げ事実上の名誉職に追いやることで彼の権力を押さえ込もうとした。しかしながら、曹爽の取り巻きは名声はあるものの実績がまだ皆無のために、[[244年]]([[正始]]5年)に[[蜀漢]]征伐を試みるが、征伐にあたって投入した十万もの大軍を維持する補給が険しい蜀の桟道のためにうまくいかず、蜀の漢中太守・[[王平]]の頑強な抵抗もあって無惨に失敗している。また何晏達が政治を壟断したため魏の政治は乱れることになった。司馬懿はこの状況を憂慮し、また自身の身を案じて、「自分は高齢である」という理由で病気と称して引き籠ってしまう。
 
魏は文帝([[曹丕]])以来、皇族などの近親者を政治・軍事両面から遠避ける政策を採っていた。遠縁の[[曹冏]]([[曹騰]]の従玄孫)はこれを憂慮し、一族を登用して藩塀(国家を守る壁)としての役目を果たさせるべきと意見した。しかし、曹爽はこの意見を採用することはなかった。
[[248年]]、曹爽の取り巻きの一人である[[李勝]]が荊州に赴任するに当たり、司馬懿を見舞った時に司馬懿は重病のように見せかけて彼らを欺いた。
 
[[249年]]正月1月、天子のお供をして、曹爽・[[曹羲]]兄弟が天子のお供をして出かけたのを見計らい、司馬懿は兵馬を指揮して武器庫を占拠し、[[クーデター]]を起こす。側近の[[桓範]]は司馬懿との決戦を主張したが、先手を取られた曹爽は司馬懿から軍籍解任と引き換えに罪を許すと言われると、戦意を失い降伏した。しかし司馬懿は曹爽兄弟を解任したばかりでなく軟禁して徹底的な監視下に置き、以後食料の買出しさえもままならなくなる。
 
その後、同年春3月に曹爽と何晏らが謀反を企てている疑いで投獄され、三族皆殺しの刑に処せられた。
 
これ以降は皇族曹氏は没落し、司馬懿の一族が事実上魏を支配することになった。
 
{{DEFAULTSORT:そうそう}}
970

回編集