「ムカデ」の版間の差分

wikify, reflist
(→‎人間の生活との関わり: 日本では余り知られていない というのは編集者の感覚によるのでは?)
(wikify, reflist)
|英名 = [[w:Centipede|House centipede]]
|下位分類名 = 亜綱
|下位分類 = 本文参照
*ムカデ亜綱 Epimorpha
=== **ジムカデ目 Geophilomorpha ===
=== **オオムカデ目 Scolopendromorpha ===
*ゲジ亜綱 Anamorpha
**ナガズイシムカデ目 Craterostigmomorpha
**イシムカデ目 Lithobiomorpha
=== **ゲジ目 Scutigeromorpha ===
}}
{{wikispecies|Chilopoda}}
 
'''ムカデ'''('''百足・蜈蜙・蜈蚣''')とは[[多足亜門]] '''ムカデ綱'''(=[[唇脚綱]])に属する[[節足動物]]の総称。脚の数が多く、運動性に富む捕食性の虫である。英名のCentipedeはラテン語の百(centi)脚(ped)に由来する。
 
 
== 生息環境 ==
小型のものは[[土壌動物]]として生活しているものが多い。イシムカデ類は、比較的短い体形で軽快に走り回り小動物を捕らえる。地中に棲む傾向の強い種は単眼数が少なかったり無眼の場合もあり、淡い体色で体毛が少なく肢や触角が短い。地中(朽木を含む)生活に特化したジムカデ類は無眼で黄色や赤、白、緑などの体色を示し、非常に細長い体に短い足を多数持ち、土壌中を[[ミミズ]]のようにはい回る。つつくと尾端を頭部と擬態して後ずさりしたりとぐろを巻くように体を丸める種が知られている。地下5mほどの餌となる土壌生物の密度が薄い層からも得られることがあり、活発な垂直移動をしていると思われる種もある。また、発光生物として知られている数種を含んでいる。オオムカデ類もほとんどの小型種は無眼で土壌動物である。一部の大型種は4個程度の単眼を持ち樹上などを徘徊して獲物を襲って食べる、この仲間に日本本土最大の種「[[アカズムカデ]]」が含まれる。特に大型のものは[[セミ]]のような大型で活発な[[昆虫]]やネズミ<ref>「[http://www.youtube.com/watch?v=8CL2hetqpfg Giant centipede eating mouse.]」YouTube動画</ref><!--飛行中のオオ-->[[コウモリ]]<ref>「[http://video.google.com/videoplay?docid=8313878609430213933 Giant Bat-Eating Centipede]」Googleビデオ動画</ref>さえ補食することが知られている。ゲジ類は長い歩肢と[[複眼]]や背面の大きな[[気門]]などにより[[徘徊]]生活に特化しており、樹上での待ち伏せでは長い脚を空中に巡らせて飛行中の[[蛾]]などを採食している。
 
==人間の生活との関わり==
「非常に凶暴で攻撃性が高い」というイメージや、「絶対に後ろに下がらない(後退しない)」という[[俗信]]から、[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]にはムカデにあやかり[[甲冑]]や[[日本刀|刀装具]]等にムカデのデザインを取り入れたり([[伊達政宗]]の従兄弟、[[伊達成実]]が兜の前立とした事は有名である)、[[旗]]差物にムカデの絵を染め抜いた物を用いた武将もいた。武田家の金堀り衆は、トンネル戦法を得意とする工兵部隊で百足衆と呼ばれたとも言われる。[[相馬中村藩]]に起源する[[相馬野馬追]]においては「下がりムカデ」の旗が軍師の指物と指定されている。足の多いことにより、伝令をムカデに例えることも一般的。
 
[[赤城山]]などの神体として、また『[[毘沙門天]]』の使いとされ神格化されている。男体山の[[大蛇]]と[[日光]]の[[戦場ヶ原]]で決闘した伝説、[[藤原秀郷]](俵藤太)の百足退治伝説などが知られる。大蛇が[[河川]]を[[象徴]]し[[砂鉄]]の採集や[[製鉄]]の[[技術]]者[[集団]]を表すことと比して、ムカデは地下[[坑道]]を掘り進み[[自然金]]などの[[鉱石]]を採集する[[技術者]][[集団]]を表しているという[[]]がある<ref>[http://www.geocities.jp/tyuou59/akagijinnjya.htm 赤城山と俵藤太]([[藤原秀郷]])</ref>
 
== 分類 ==
=== ナガズイシムカデ目 Craterostigmomorpha亜綱 Epimorpha===
====ジムカデ目 [[:w:Geophilomorpha|Geophilomorpha]]====
* ナガズムカデ科 Craterostigmidae:ナガズムカデ(オセアニア産)
 
=== ジムカデ目 Geophilomorpha ===
* マドジムカデ科 Chilenophilidae:フタマドジムカデ、ミドリジムカデ(国内の土中に優占)
* ベニジムカデ科 Dignathodontidae:ベニジムカデ(全国に分布、朽木に多い)
* マツジムカデ科 Schendylidae:サキブトジムカデ、エスカリジムカデ、チチブジムカデ、モモジムカデ
 
==== イシオオムカデ目 Lithobiomorpha[[:w:Scolopendromorpha|Scolopendromorpha]] ====
* メナシムカデ科 Cryptopidae:メナシムカデ(歩肢対数21、曳航肢に変形、西南諸島~黒潮圏、北米産の種がイシムカデを称して市販されたことがある)、アカムカデ(北海道を含む全国、北米:普通種を含む)
* オオムカデ科 Scolopendromorpha:オオムカデ(北海道を除く全国:世界最大種など含む)、アオムカデ(西南諸島~九州沿岸部)
 
=== ゲジ亜綱 Anamorpha ===
==== ナガズイシムカデ目 [[:w:Craterostigmomorpha|Craterostigmomorpha]] ====
* ナガズムカデ科 Craterostigmidae:ナガズムカデ(オセアニア産)
 
==== イシムカデ目 [[:w:Lithobiomorpha|Lithobiomorpha]] ====
* イッスンムカデ科 Ethopolidae:イッスンムカデ(地表棲、普通種)
* トゲイシムカデ科 Henicopidae:メクライシムカデ(洞穴)、ゲジムカデ(地表棲、普通種)、トゲイシムカデ
* イシムカデ科 Lithobiidae:イシムカデ(コスモポリタン)、ヒトフシムカデ(国内に優占)
 
==== [[ゲジ目]] [[:w:Scutigeromorpha|Scutigeromorpha]] ====
=== オオムカデ目 Scolopendromorpha ===
* メナシムカデ科 Cryptopidae:メナシムカデ(歩肢対数21、曳航肢に変形、西南諸島~黒潮圏、北米産の種がイシムカデを称して市販されたことがある)、アカムカデ(北海道を含む全国、北米:普通種を含む)
* オオムカデ科 Scolopendromorpha:オオムカデ(北海道を除く全国:世界最大種など含む)、アオムカデ(西南諸島~九州沿岸部)
 
=== ゲジ目 Scutigeromorpha ===
[[Image:House centipede.jpg|thumb|ゲジの一種]]
* ゲジ科 Scutigeridae:ゲジ(全国)、[[オオゲジ]](全国:背中に橙色の紋)
==外部リンク==
* [http://www.j-poison-ic.or.jp/tebiki20070907.nsf/SchHyodai/6BB0BB756D0AEBB7492567DE002B89CF/$FILE/M70269.pdf ムカデ] (財)日本中毒情報センター
{{reflist}}
 
[[category:節足動物|むかて]]
匿名利用者