「江夏豊」の版間の差分

==来歴・人物==
=== 阪神時代 ===
[[大阪学院大学高等学校]]入学まで本格的な[[野球]]の経験はなく、中学時代は[[砲丸投]]の選手として活躍していた。[[1966年]]、[[全国高等学校野球選手権大会|夏の甲子園]][[大阪府]]予選でベスト4の成績を残し、同年導入された[[ドラフト会議|第1次ドラフト]]で[[阪神タイガース]]から第1位指名され、プロ野球選手となる。入団当初高校時代は[[球種_(野球)|変化球]]の投げ方を全く知らず、試合ではキャッチャーの変化球要求のサインに首を振る真似だけをし、いかにも直球以外の球を投げられるように見せかけて打者と駆け引きをしていた。これに試合観戦に来ていた阪神のスカウト陣が目を留め、「直球もよいが、なかなか頭の使える選手だ」として指名に踏み切った。入団後は、砲丸投げをしていた影響で持っていた所謂「担ぎ投げ」の癖を、[[林義一]]コーチが矯正させ、変化球も教え込んだ(余談だが、江夏は温厚で真摯に教えてくれた林のことを「お師匠さん」と呼び慕っている)。
 
1年目から豪速球を武器に225[[三振|奪三振]]で[[最多奪三振]]のタイトルに輝くと、2年目の[[1968年]]には[[サンディー・コーファックス]]の記録をも上回るシーズン401奪三振の世界記録を作り上げた。この年[[9月17日]]の甲子園球場における[[読売ジャイアンツ]]戦では、[[王貞治]]の打席で[[稲尾和久]]の日本記録に並ぶ353奪三振を記録した後、後続のバッターからは全てのアウトを意図的に三振以外の方法で奪い(投手の[[高橋一三]]をも低めの球でセカンドゴロに打ち取っている。江夏曰く「[[森祇晶|森(昌彦)]]さんとピッチャーは三振を取らないようにするのがむしろ大変だった」)、再び王の打席が回ってきた時に、記録更新となる354個目の三振を奪う離れ業をやってのけた。しかもこの試合では、自らのバットでサヨナラヒットを放っている。王からの奪三振にこだわったのは、当時阪神の[[エース]]だった[[村山実]]が、節目の記録となる三振を常に[[長嶋茂雄]]から奪うようにしていたことを真似たものである(新人時代に村山がONを指さして「俺はこっち(長嶋)、お前はあっち(王)や」と、王をライバルとするよう命じられたともされる)。これ以降も江夏は王との勝負に固執し、通算で57の三振を奪ったが、直球で勝負を挑んでいたために20本の[[本塁打]]も打たれた。王から最も多く三振を奪った投手は江夏だが、江夏から最も多く本塁打を打った打者もまた王である<!--ちなみに、王に一番本塁打を打たれた投手は[[平松政次]]で25本--><!--後に江夏が広島東洋カープに移籍した時の王との対戦においては、ホームランを1本も打たれなかった-->。また、江夏は王に対し一度も死球を与えていない。
匿名利用者