「蕭奉先」の版間の差分

 一部改修
(新しいページ: ''''蕭奉先'''(しょうほうせん、? - 1124年?)は、外戚契丹の名家出身。 妹の蕭元妃が天祚帝の妃と...')
 
( 一部改修)
妹の蕭元妃が[[天祚帝]]の妃となり、秦王・耶律定(五男)を生んだことで、帝に篤く信任された。そのために[[枢密使]]に任じられた。
 
弟の蕭嗣先が将軍として、[[金 (王朝)|金]]の[[阿骨打|太祖]]の軍勢と戦って大敗してしまった。従来なら嗣先は天祚帝から[[処刑|厳刑]]を受ける立場だったが、兄のとりなしで罪は問われなかった。以後から蕭奉先の専横もあり、遼の軍紀は腐敗にまみれて、対金との戦いで連敗を繰り返した。
 
1121年、蕭奉先は、妹の子の秦王を[[皇太子]]にする構想を練り出した。そのためには、天祚帝の嫡子で[[太子]]候補の晋王・[[耶律傲盧斡]]と遼の[[準皇族|宗室]]でもある上京路都統、金吾衛大将軍の[[耶律余賭]]と(余覩とも、晋王の叔母の夫)の存在が邪魔だった。
2,672

回編集