「体験版」の版間の差分

m
体験版は試すという性質上、無償で配布されるのが大半であるが、ディスクの製造コストや送料などで低額ながらも有償で配布されることもある。
===機能制限の例===
*使用できる期間を設ける(30日間のみ利用可能、等)
*一定時間しか実行できない(10分等)
*一部の機能を選択できない
*ゲームなどで一定[[ステージ (コンピュータゲーム)|ステージ]]までしかプレイできない(1面や入門モードのみ等)
*動作に予期せぬ不具合が起こってもディスクの交換などの補償に応じない
 
 
===不完全版・有料体験版===
製作中の'''[[ベータ版]]'''(βばん)として、実際に販売される内容とは異なる状態で頒布されるケースも多く見られる。この際、一定の動作を行うものが提供されるが、製品としては不完全ないし未完成であるため、これによってコンピュータが動作不良を起こすなどのトラブルに見舞われたり、或いはその不都合に対するサポートも不十分である場合を含む。
 
体験版のほとんどは無料であるが、これに製品版と比べて安価な料金(媒体の料金や郵送費は含まない)を課す場合も見られる(有料体験版)。こうした手法は、開発のための資金を得つつ、作品の質を安定させる為に行われる。こちらはユーザーに金銭を求めつつ不完全な製品を提供しているため、これに対して批判するユーザーもいないわけではないが、その不都合が存在し得る辺りの了解が購入希望者に求められるなど、製品版と比較して非対称の[[ユーザビリティ]]が特徴的である。
 
ちなみに、製品版として一度世に送り出されたものであっても製品の品質が悪く[[パッチ]]による修正が続くなどした場合、「ユーザに金を払わせて[[バグ]]探しをさせるソフト」という皮肉を込め、ユーザーが「有料体験版」と揶揄したりすることもある。
1,164

回編集