「実効値」の版間の差分

m
cate
m (cate)
'''実効値'''(じっこうち)(,effective fvaluevalue)は、抵抗負荷に供給したときに[[直流]]と同じ平均[[電力]]を発生するときを同じ数値とする、[[交流]][[電圧]]又は[[電流]]の値の表現方法である。交流電力の計算に使用される電圧・電流は、普通は実効値で表されている。
 
 
*[[電力]] : 有効電力・無効電力・皮相電力は、こちらを参照。
*[[電圧]] - [[電流]]
[[Category:電磁気学|しっこうち]]
[[Category:電気工学|しっこうち]]