「天下の台所」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
'''天下の台所'''(てんかのだいどころ)とは、[[江戸大正時代]]物流、商業の中心地であった[[大阪|大坂]]を指し市史で用い異名。全国の藩が大坂に[[蔵屋敷]]などを設け、生活物資の多くが一旦生産地より大坂に集められて再度全国の消費地に送られたからであるとわれている
 
世の中一般には、[[江戸時代]]に物流、商業の中心地であった[[大阪|大坂]]を指した異名として捉えられている。なぜならば全国の藩が大坂に[[蔵屋敷]]などを設け、生活物資の多くが一旦生産地より大坂に集められて再度全国の消費地に送られたからであると言われている。
なお、江戸時代の[[公文書]]では、[[天保]]13年([[1843年]])に[[天保の改革]]による[[株仲間]]廃止論に異論を唱えた[[大坂町奉行]][[阿部正蔵]]の意見書(「諸色取締方之儀ニ付奉伺候書付」)の中に「大坂表之義は諸国取引第一之場所」「世俗諸国之台所と相唱」という文面が見られる。このため、これを「天下の台所」の由来とする見方が広くなされている。
 
このため、これを「天下の台所」の由来とする見方が広くなされている。
ただ正確な用語としての初見は、大阪市史料調査会主任調査員の野高宏之によれば、江戸時代の文献に大坂を「諸国之台所」「日本の賄い所」と評する記述は存在するが、「天下之台所」と直接記述した文献は存在せず、[[大正時代]]に[[幸田成友]]が『[[大阪市史]] 第二』等の叙述中で用いた用語が、一般に広まっていく過程で、江戸時代から存在した言葉と誤解された事も分かっている。
 
== 関連項目 ==
匿名利用者