「光楯類」の版間の差分

目→亜綱
(下位分類, category)
(目→亜綱)
|名称 = 光楯類
|色 = pink
<!--
<!-- |画像 = [[画像:Haeckel Eurypterid.jpg|240px|]]
|画像 =
|画像キャプション = ウミサソリの一種<br />([[エルンスト・ヘッケル]]による)-->
|画像キャプション =
-->
|status = [[絶滅]]
|地質時代 = [[カンブリア紀]] - [[オルドビス紀]]
|亜門 = [[鋏角亜門]] [[w:Chelicerata|Chelicerata]]
|綱 = [[カブトガニ綱]] [[w:Merostomata|Merostomata]]
|亜綱 = '''光楯亜綱''' [[:en:Aglaspida|Aglaspida]]<br />Walcott, 1911<!--en:AglaspidaではSubclassなので亜綱とした-->
|下位分類=本文参照
 
}}
'''光楯類'''(こうじゅんるい、学名:Aglaspida<!-- Walcott 1911)1911-->)は、[[化石]]のみで知られる[[節足動物]]であり、[[鋏角亜門]]に属する。やや細長い体の[[三葉虫]]様ので2-6cm長 2~6cm 程度のやや細長い体の動物であった。
 
== 形態 ==
 
中体部は前体とほぼ同じ幅から次第に後方に狭まり、9体節からなる。そのうちの前の7節には前体とほぼ同じ付属肢があった。後体は幅の狭い尾部となり、先端は剣尾となる。下面には短い付属肢があった。このような構成はほぼ[[カブトガニ]]類と共通するものだが、カブトガニ類では前体部の両側が広がり、腹部の体節がより少なく(光楯類が11-12節に対して、カブトガニ類は10節)、全体に短縮している点が異なる。
 
海産で浅い海底に生息していた。海底をはい回ったあととされる[[生痕化石]]も発見されている。
 
== 出現 ==
化石は[[北アメリカ]]大陸と[[ヨーロッパ]]からている。[[古生代]]の[[カンブリア紀]]前期から[[オルドビス紀]]後期まで発見される。中生代の記録もあるが疑問視されている。このような点から、この動物は[[ローレシア大陸]]中央部に生まれ、この大陸周辺でのみ発展を遂げたものと考えられる。この点ではカブトガニ類も共通している。
 
海産で浅い海底に生息していた。海底をはい回ったあととされる[[生痕化石]]も発見されている。
 
== 系統 ==
匿名利用者